C97に行った(1日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

前回の続きです。

1日目ということでC97が始まった日のことです。

12/28 (1日目)

初めての始発組

コミケオタクの朝は早い・・・

前記事で書いた、宿主もコミケのオタクなので、基本的に4日間一緒に行動することが前もって確定しています。

そして、宿主が始発組なので、私も強制的に始発組になります。

 

ということで、コミケ人生で初の始発組を体験しました。

早朝4時ぐらいに起き、お土産と雑多なモノが入ったリュックと、戦利品回収用のミーティングバックを持って国際展示場まで行きます。

途中で、ぎがちゃん氏と電車内で合流することが出来ました。

 

ギバラとはVTuberらしく、今回、企業ブースで物販をやっているようです。(冬コミではきららは物販してなかったね( ˘ω˘)・・・)

そのため、ぎがちゃんは初手企業ということで、東京テレポート駅で降りていきました。

 

5:44(だと思う)に国際展示場駅に到着し、誘導に沿って待機列を形成します。

1日目は運良く前から6列目の位置に陣取る事ができました。

ここから、多少移動をしますが、10:00の開会まで待機です。

あってよかったもの

  • ヒートテック
    • 思ったよりも暖かくはないが寒くて死ぬってことはなかった。
  • ネックウォーマー・帽子
    • 肌に外気が触れる面積が減る
  • 折りたたみイス
    • 地面に座るのは冷たいし、立つのは足が死ぬ
    • 百均で210円だった気がする。
    • 座布団みたいのでもいいかもしれない
  • 貼るカイロ(オタクにもらった)
    • 首元に貼るとあったかい
    • 一個50円で国展近くのコンビニで売ってた

あったほうがよかったもの

  • 靴に入れるタイプのカイロ
    • 足先は普通に寒かった
  • スマホ対応手袋
    • なぜ持ってこなかったのか
  • 十分な睡眠時間
    • 眠い。ロングスリーパーには厳しい

必要のなかったもの

  • Switch
    • 暇つぶしで遊ぶかと思ったが寒いしスマホでTwitterみてるだけで十分だった。

 

始発組ぐらいになると、知り合いと一緒に行ってないと話す相手がいなくなって孤独死するね。

 

リストバンド制と4日制

C96から4日制、今回のC97から全日リストバンド制となりました。

個人的には、宿泊日数が1日伸びるため予算が結構厳しい状態になったので可能ならば3日制が良いかなぁとかは思いますが。

リストバンド制ということ自体は数ヶ月前に前もって告知されていたため、私は事前購入し、入場で困ることはありませんでしたが、“全日”リストバンド制という情報は1日目の時点でも告知はされていなかったと記憶しています。

そのため、正午近くの入場規制解除を狙ってリストバンドを持っていない方が入場しようとして、跳ね返されたという情報をちらほら聞きました。

結局、4日間通して一度も入場規制は解除されることはなかったみたいですが。

 

一応、リストバンドを事前購入していない方向けの当日販売もあったのですが、事前購入が550円/日に対し、当日購入は1,000円/日で割高な上、1日目の昼に企業行った際にちらっと販売場所を見ることがあったのですが、案の定長蛇の列で事前購入以外はありえないなとかは思いました。

 

デジタル省電力コミュニティ無線

先のオタクと4日間通して基本的に一緒に行動するので、何かしらの連絡取れる手段がほしい!ってことで候補に上がったのが以下のもの

  • ケータイ(TwitterやDiscord)
  • 特定小電力無線
  • デジタル省電力コミュニティ無線(以下、デジコミュ)
  • アマチュア無線
スマホ (Pixel3) 特定小電力無線局 (CL08) デジコミュ (IC-DRC1) アマチュア無線 (IC-T70)
最大空中線電力 200mW 10mW 500mW 5,000mW
重量 190g 120g 180g 400g
通信方式 FDD-LTE, TD-LTE F2D,F3E F1E,F1D F2D,F3E
免許 必要なし 必要なし 必要なし 4アマ以上が必要
アンテナの取り外し 不可 不可 オプション品のみ可能 可能
充電端子 Type-C microUSB microUSB φ4のなんか
電池 Li-ion Ni-MH, 単三x1 Li-ion, 単三x3 Ni-MH, 単三x6
値段 みんな持ってるので実質タダ 11,000円 20,000円 22,400円
秘話機能 あり なし あり なし
(だいたいの)通信可能距離 基地局のある場所 見通し距離 500m – 1km程度 出力次第
その他 基地局がパンクする コミケスタッフとの混線の可能性 情報が少ない 自分も相手も事実上使用不可

 

選ばれたのはデジコミュでした

上記の理由だったり、好奇心だったりでデジコミュとスマホを併用して使用することにしました。

特小は確実に届かないだろうし、アマチュア無線は相手が免許持ってないし私も局面を更新していないので使えないしというのが主な理由ですが。

 

機種の選定ですが、ICOMのハンディー機をよく使ってたことと、値段やそもそもALINCOの同等機種とガワ以外同じなのでは?説があったのでICOMのIC-DRC1にしました。

 

主な機能は以下の通り

  • 143Hz近くの周波数を利用しているため、144MHzの周波数特性と似ている
  • 秘話機能がある(1対1,グループ)
  • GPS機能搭載で相手局との方向や位置などもわかる
    • PCと接続することで、相手機の位置をマップに表示させることが可能
  • ラジオ付き
  • 必要に応じて遠隔で子機に周辺音を送らせることが可能

 

実際に使ってみて

1日目から4日目まで使ってみて、思ったのは

コミケの規模のイベントだと通信できない場所があって厳しいということでした。

  • 同じホール内なら余裕で通信可能
  • 違うホールだと通信できるときと出来ないときがある
  • 西34から青海展示場は通信できた

人も多く、常に相手との位置を把握できているというわけではないので、感覚での話になりますが

大まかな結果は上のとおりです。

 

コミトレとか神戸かわさき造船これくしょんのような規模の小さいイベント(失礼)なら余裕でしょう。

音質に関しては普通のアマチュア無線機みたいな感じです。電話のようにはクリアではありません。(マイクとかの質にもよるのだろうけれども)

オタクは第4級アマチュア無線従事者免許取るべきだと思うんですよ。小学生でも取れるので。

無線機も物によっては結構安いものがあったりするし、電波使用料も500円/年から300円/年に値下がりしたので。

企業ブース

多分今回から企業ブースが青海のみに隔離されました。

この判断にはいい点も悪い点もあるし、私はよく知らないのでここでは言及しませんが、

今までと比較し結構遠い距離にあると感じました。

今までは企業とサークルが近かったため、サークル行って企業に見に行って、最後にサークルで面白いのがないか探すみたいなアホみたいな行動をしていたのですが、

今回はサークル見て企業行ったらもういいかなって思うぐらいには遠かったです。

 

 

企業には国展で合流した暇人とふるやというオタクで行きました。

シュタゲ物販!

欲しいものは手に入りました。

 

企業での戦利品

ミーティングバック

少し前に話題になったコクヨのミーティングバック

クラウドファンディングとかやってたやつです。私は運良く手に入れることができたので、当日使ってきました。

4日通して使って思ったことは、

  • もう少し面の強度がほしいかなぁ
    • オタクの圧力によって潰される(壊れるわけではないが中の戦利品が心配になる)
  • 磁石で蓋を閉めれるのは良いが、それとは別にマジックテープかなにかで、強力に蓋を固定できる何かがほしい。
  • ショルダーベルトついてなかったので別途購入の必要あり
  • 折りたたみ時、もう少し薄くなってくれると個人的に嬉しい。
  • ショルダーベルト固定用金具の強度が・・・

個人的には良かったと思います。

もっとこういう製品が多種類出てくれるとオタク的には嬉しいですね。

1日目のまとめ

  • ちゃんと睡眠時間確保しようね
  • 荷物は可能な限りまとめようね。
    • リュックサックとミーティングバックを別々に持っていったけど、移動時は鬱陶しいだけだった
    • 2日目以降は一つにまとめました。
  • リストバンドは事前に購入しようね。
  • デジコミュで完全な目的は果たせなかったが、面白い結果が残ったので良し。
  • オフ会してくれた暇人氏とふるや氏ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す