C97に行った(0日目)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

昨年(2019年)の年末、12/27-12/31の5日間東京に旅行に行ってました。
目的は例のごとく「コミックマーケット97」です。
C97はC95以前と違い色々なことをしたり起こったりしたので、それについて書こうかと思います。

なお、書いていたらクソほど長くなったため1日ごとに記事を分割してます。

12/27 (0日目)

荷造り

今までのコミケの旅行にはスーツケースを利用していたのですが、後述するオタクへの荷物を持っていくのにスーツケースの容量を半分を使うということがあったり、悪いオタクの一声があったりで、今回は試しに大型バックパックを使うことにしました。

この大型バックパック、スーツケースの容量が32Lなのに対し、72Lと倍の容量があるため、大体の荷物はこいつで運べることになり、荷造りが下手な私でもなんとかなる代物です。

 

代償として、それ相応の重量と見てくれがただのキャンパーになります。

なお、荷造りが下手なので全部入り切らず、外付けでリュックサックも持っていきました。(アホかな?)

 

バックパックは、元々キャンプなどで大量の荷物を持ち運ぶことを前提と設計されたもので、

私の使っているMATTHES CREST 72というものは、背中側に縦に金属パイプが入っていたり、ショルダーベルト以外にも腰に固定するクッションフォームや他の場所にも固定するためのベルトがついていたりと重量物を持ち運びやすいようになっています。

おかげで、ひ弱なヒョロヒョロ体型の私でも色々と持っていくことが出来ました。

荷造りは次回までにどうにか解決したいです。

 

 

行きの新幹線にぷらっとこだまを利用した

例年、学割を使って普通に新幹線のぞみ号を予約していたのですが、今年はぷらっとこだまを利用してみました。ぷらっとこだまの存在はふるやってオタクが教えてくれました。

ぷらっとこだまはJR東海ツアーズが販売する旅行商品です。そのため、新幹線のきっぷと違い、途中乗車や予約変更が出来ない等、様々な制約があります。

のぞみ号+学割 ぷらっとこだま ぷらっとこだま+グリーン車
値段 (大阪->東京) (8,910*0.8)+5,810=12,938円 10,700円 12,200円
所要時間 2時間30分 4時間 4時間

のぞみ号に対して、こだま号では1時間30分ほど所要時間が伸びてますが、自分はコミケの前日に到着すること、予定はほぼなかったため問題にはなりませんでした。

また、+1,500円でグリーン車に乗ることが可能のため、今回はグリーン車を利用することにしました。

 

国立科学博物館

東京に14時に到着し、コインロッカーを探すのに30分ぐらいかかり、結構思っていたよりも遅くなりましたが、0日目唯一の目的地、国立科学博物館に行きました。

例年、コミケで東京に行くときにはすでに国立科学博物館は年末年始の閉館日なので、行けずじまいでしたが、今回は行くことが出来てよかったです。

また、金曜日・土曜日は閉館時間が通常の17:00から20:00まで伸びるため、ゆっくり展示物を見ることが出来ました。

まぁ、全部回ることは出来なかったので、また見に行きたいですね。

 

 

宿泊場所

オタクの家。

オタクの好意でオタクの家に泊まらせてもらえることになりました。

このため、宿泊に要する費用を0円にすることができました。ありがたや~ありがたや~

 

別件でこのオタクには、日本橋のインバースでジャンクとして売っていたSwitch-M16eGPWR+という業務用スイッチを持っていくという用事があったのでちょうどよかったです。

なお、このスイッチは重量が3.7kgととても重かったので、多分二度とこのような荷物は持っていかないと思います。

このスイッチがまともに動いたかどうかはまた別の話。

 

0日目の総括

  • 荷造りはちゃんとしよう
  • 交通手段はぷらっとこだまを使用し、費用は安くなったがその他の交通手段も検討するべきではないか?
  • オタクの好意に感謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す