Rock64でPrometheus+Grafanaでサーバ監視したい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去記事でPrometheusをRock64で構築しました。

次はGrafanaを入れようと思います。

GrafanaとはMetricの分析プラットフォームらしいです。

Grafana に入門しよう! – Qiita このエントリーにいい感じにまとめられていますね。

GrafanaのLive Demoもあります。

とりあえず、構築してみましょう。

Rock64で作業

インストール

Grafanaもarmのバイナリが提供されています。

過去記事のとおり、Rock64はARM64なので、ARM64のバイナリを落としてきましょう。
Download Grafana

OSはUbuntu 16.04です。

$ sudo apt update
$ sudo apt upgrade -y
$ wget https://s3-us-west-2.amazonaws.com/grafana-releases/release/grafana_5.2.2_arm64.deb 
$ sudo dpkg -i grafana_5.2.2_arm64.deb
$ sudo apt-get install -f

設定ファイルは /etc/grafana/grafana.ini に配置されているそうです。

とりあえず起動してみましょう

$ sudo systemctl start grafana-service
$ sudo systemctl enable grafana-service
$ sudo ufw allow 3000

Webブラウザで作業

ブラウザで3000ポートにアクセスし、ログインします。(初期User/Pass共にadmin)


その次にパスワードの変更を促されます。

このような画面に遷移するので、上の”Add data source”をクリックして各種情報を入力。”Save & Test”が成功すればOK

DashboardはPrometheus systemとかがいい感じに表示してくれます。

Add Usersでは公開範囲とかを決めることができます。メールを送るにはSMTPサーバを立てる必要があるみたいです。

まあ、他のものもあるので、いろいろ探すといいかもですね。

ちなみに、上記のPrometheus Systemを導入すると以下のように表示されます。

Prometheus単体よりも、見やすくなったのでいいかなーって感じですね。

ということで、今日も飽きたのでおしまい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す