$44.95のRock64を買いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Raspberry Pi互換らしいシングルボードコンピュータのRock64 Media Board Computerというものを購入しました。

Media Board Computerと名乗るだけあり、Raspberry Pi 3B+と比較しても使いやすいものです。

Rock64は、日本ではあまり有名じゃないそうで、調べても日本語の情報はあまり出てきませんでした。

一応秋月電子でも売っています。

簡単な比較

Rock64 Raspberry Pi 3 B+
SoC Rockchip RK3328 Broadcom BCM2837B0
CPU 4Core@1.5GHz Cortex-A53 4Core@1.4GHz Cortex-A53
GPU 2Core ARM Mali-450MP2 2Core VideoCore IV®
Mem 1/2/4GB LPDDR3 SDRAM 1GB LPDDR2 SDRAM
電源 5V 3A 5V 2.5A
電源ポート 3.5mmバレルジャック microUSB
消費電力 約15W 約12.5W
サイズ 85 x 56 x 18.8mm 85 x 56x x 17mm
OS Armbian, Debian ,Bionic ,Xenial MATE, Artful, Android, yocto, Fedora, Volumio, DietPi, i3, Slackware, Lakka, NextCloudPi, OpenMediaVault Raspbian, Ubuntu MATE, Snappy Ubuntu Core, OpenELEC, OSMC, Arch Linux, PiNet, RISC OS, Windows 10 IoT Core
Ethernet 1000Base-T 1000Bate-T(ただし、USB 2.0接続のため、理論値300Mbpsに制限)
無線LAN IEEE 802.11 b/g/n/ac 2.4/5GHz
Bluetooth Bluetooth 4.2
GPIO 40ピン+22ピン(Pi P5+) 40ピン
HDMI フルサイズ(Rev 2.0a 4K@60Hz) フルサイズ(Rev 1.4 1080p@60Hz)
USBポート USB 3.0 x1, USB 2.0 x2 USB 2.0 x4
メインストレージ microSD, eMMC microSD
その他 3.5mm 3極ジャック, IRセンサー,電源スイッチ,リセットスイッチ, 128Mb SPI Flash CSIカメラポート, DSIディスプレイポート,3.5mm 4極ジャック
値段 $24.95–$44.95 4,860円

買って届くまで

自分の場合は周辺機器も欲しかったので公式(PIME64)から購入しました。

注文内容は以下の通り

  • Rock64 Media Board Computer 4GB x1 44.95USD
  • ヒートシンク x2 1.00USD
  • PoE Spritter x1 9.99USD

送料は11.99USDで、合計67.93USDでした。周辺機器を考えるとRaspiとトントンぐらいですね。

以下はトラッキング。

  1. 05/31 公式サイトで注文 ->処理中だというメールが届く
  2. 06/05 注文完了メールが届く。追跡番号も一緒に書いてあった。
  3. 06/06 中国, 深圳EMS, 国際郵便交換局から発送
  4. 06/07 深圳市 離開深圳市 発往深圳郵政速遞会社中快(香港)業務部 (に届く?)
  5. 06/11 川崎東郵便局の国際交換局に到着
  6. 06/13 通関手続き
  7. 06/14 川崎東郵便局の国際交換局から近くの郵便局へ発送 -> 到着

注文してから15日、実際に発送されてから9日と、まあ国際郵便では普通ですね。

別にそこまで急ぐものではなかったので問題はありません。

中身

一度中身開けられた跡がありましたが、通関時のものと考えられます。

今回購入したものは

  • Rock64 4GB
  • PoEスプリッター
  • ヒートシンクx2

の3種類

上の若干潰れかけた白い箱がPoEスプリッター、右下の茶色い箱がRock64本体です。

PoEスプリッターの箱は潰れかけてましたが、中身は普通に無事でした。

中身です。

Pi Zeroなら手元にあったので比較しました。

PoEスプリッターを接続したときの写真です。

電源ジャックとLANケーブルの長さが一緒なのでこうなります。

メーカー推奨品ならもうちょっとどうにかしようがあったのではとは思いますね。

とりあえず、こうして見た目はマシにしました。せめて電源ジャックがL字だったらなあとは思います。

 

遊ぶ

とりあえず遊びましょう。使う目的を決めて購入しているのでそれのセットアップをしてもよいのですが、急ぐ必要がないので。

注意点

Raspberry PiとRock64は互換と謳っていますが、多少差異があります。

  • Rock64はType-Hバレルジャックという電源ジャックを使う必要性がある。
    • 別売りで、ACアダプターありますが、120V-240Vなので、日本の100Vには対応していない可能性があること。
      • このため、今回はPoEスプリッターを公式から購入しました。
    • 別売りでUSB – Type-Hケーブルも売っています。
  • Rock64の推奨電源は5V3Aです。Raspberry Piよりも多くの電流が要求されます。
  • ケースによっては電源ジャック部分が隠れる可能性があるため、多少の加工が必要。

 

 

インストール

とりあえず以下のソフトを母艦PCにインストールします。

フォーマット

とりあえずフォーマットしましょう。

SDメモリーカードフォーマッターはSDカード内のパーティションを一つに戻してくれるので楽です。

イメージを書き込む

PINE64-Installerを起動し、

Choose an OS -> Rock64 / Popcorn Hour Transformer -> 好きなOSを選択 -> 書き込むドライブを選択 -> Flash!

で、ダウンロードからインストール、チェックサムまで勝手にしてくれます。

Android 7.1

Android 7.1 Rootedのイメージがあり、面白そうだったのでインストールしてみました。

これとはまた別にAndoroid TVがありますが、今回は触っていません。

初回起動時、初期化のために15分ほど待つ必要があるようです。

必要入力装置としてマウスとキーボードが必要です。マウス操作だけでは動かないアプリがいくつかありました。

ホーム画面みたいです。最初からいくつかのアプリがプリインストールされていました。

Steam LINKは後で入れたものです。

普通のAndroid端末にあってRock64にはない機能があるのか、それとも、Rock64用にカスタマイズされたAndoroidだからかはわかりませんが、ほとんどのアプリがインストールすることができませんでした。

メモリーは4GBを認識し、そのうち1GBしか使っていません。Rock64に2GBのモデルがある関係でしょうか。

Andoroid 7.1.2しか無いというのもありますが、全体的にバージョンが古いです。

 

Antutuはなぜか入れることができたため、計測してみました。

比較としてNexus 5Xのベンチマークもあげておきます 。

GPUの項の計測時は、紫色の画面が出力されるだけだったので、ベンチマークの数値としては怪しいものです。(音声は流れましたが)

簡単に触ってみた感じ、microSDの速度がボトルネックですね。eMMCやUSB3.0から引き出したディスクならまた変わってくるかもしれません。

 

Debian

User: rock64

Password: rock64

当たり前ですが、日本語環境はインストールされていません。

適当にセットアップしましょう。

sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade -y
sudo apt-get install fonts-ipafont locales-all ibus ibus-anthy
sudo nano /etc/locale.gen # ja_JP.UTF-8をアンコメント
sudo locale-gen
sudo localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8 KANGUAGE="ja_JP:ja"
sudo localectl set-keymap jp106
sudo reboot

この状態だとibusのデーモンを起動ごとに立ち上げないといけないのでいい感じにしてください。

軽く使った感じ、たまに遅延があり、FHDの解像度で作業するのは辛いと思いました。

ベンチマーク

Debianで適当にベンチマークを取ります。

UnixBenchとUSB 3.0のディスクアクセスです。

UnixBench

Debianで動かしてる時のログを取るのを忘れたので、その後遊んだArmbianでの結果を。


   #    #  #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #
   #    #  ##   #  #   #  #           #    #  #       ##   #  #    #  #    #
   #    #  # #  #  #    ##            #####   #####   # #  #  #       ######
   #    #  #  # #  #    ##            #    #  #       #  # #  #       #    #
   #    #  #   ##  #   #  #           #    #  #       #   ##  #    #  #    #
    ####   #    #  #  #    #          #####   ######  #    #   ####   #    #

   Version 5.1.3                      Based on the Byte Magazine Unix Benchmark

   Multi-CPU version                  Version 5 revisions by Ian Smith,
                                      Sunnyvale, CA, USA
   January 13, 2011                   johantheghost at yahoo period com

------------------------------------------------------------------------------
   Use directories for:
      * File I/O tests (named fs***) = /home/jo3qma/byte-unixbench/UnixBench/tmp
      * Results                      = /home/jo3qma/byte-unixbench/UnixBench/results
------------------------------------------------------------------------------


1 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Execl Throughput  1 2 3

1 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

1 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

1 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Process Creation  1 2 3

1 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

1 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

1 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

4 x Dhrystone 2 using register variables  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

4 x Double-Precision Whetstone  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

4 x Execl Throughput  1 2 3

4 x File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks  1 2 3

4 x File Copy 256 bufsize 500 maxblocks  1 2 3

4 x File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks  1 2 3

4 x Pipe Throughput  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

4 x Pipe-based Context Switching  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

4 x Process Creation  1 2 3

4 x System Call Overhead  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

4 x Shell Scripts (1 concurrent)  1 2 3

4 x Shell Scripts (8 concurrent)  1 2 3

========================================================================
   BYTE UNIX Benchmarks (Version 5.1.3)

   System: rock64: GNU/Linux
   OS: GNU/Linux -- 4.4.124-rk3328 -- #24 SMP Wed Mar 28 17:15:52 CEST 2018
   Machine: aarch64 (aarch64)
   Language: en_US.utf8 (charmap="ANSI_X3.4-1968", collate="ANSI_X3.4-1968")
   12:19:35 up 7 min,  2 users,  load average: 0.43, 0.27, 0.12; runlevel Jun

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Jun 20 2018 12:19:35 - 12:47:37
4 CPUs in system; running 1 parallel copy of tests

Dhrystone 2 using register variables        6839128.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     1196.0 MWIPS (10.0 s, 7 samples)
Execl Throughput                                912.7 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        161622.2 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           50203.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        411136.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                              437983.9 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                  50268.3 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               2304.6 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   1763.8 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    637.1 lpm   (60.0 s, 2 samples)
System Call Overhead                         766755.4 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0    6839128.9    586.0
Double-Precision Whetstone                       55.0       1196.0    217.5
Execl Throughput                                 43.0        912.7    212.3
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     161622.2    408.1
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      50203.8    303.3
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     411136.4    708.9
Pipe Throughput                               12440.0     437983.9    352.1
Pipe-based Context Switching                   4000.0      50268.3    125.7
Process Creation                                126.0       2304.6    182.9
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       1763.8    416.0
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        637.1   1061.9
System Call Overhead                          15000.0     766755.4    511.2
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         357.4

------------------------------------------------------------------------
Benchmark Run: Wed Jun 20 2018 12:47:37 - 13:15:43
4 CPUs in system; running 4 parallel copies of tests

Dhrystone 2 using register variables       27317907.8 lps   (10.0 s, 7 samples)
Double-Precision Whetstone                     4776.9 MWIPS (10.1 s, 7 samples)
Execl Throughput                               2598.1 lps   (29.9 s, 2 samples)
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks        263562.4 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks           77131.8 KBps  (30.0 s, 2 samples)
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks        743370.6 KBps  (30.0 s, 2 samples)
Pipe Throughput                             1728763.0 lps   (10.0 s, 7 samples)
Pipe-based Context Switching                 221687.4 lps   (10.0 s, 7 samples)
Process Creation                               5398.4 lps   (30.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (1 concurrent)                   5178.2 lpm   (60.0 s, 2 samples)
Shell Scripts (8 concurrent)                    688.3 lpm   (60.3 s, 2 samples)
System Call Overhead                        2901153.2 lps   (10.0 s, 7 samples)

System Benchmarks Index Values               BASELINE       RESULT    INDEX
Dhrystone 2 using register variables         116700.0   27317907.8   2340.9
Double-Precision Whetstone                       55.0       4776.9    868.5
Execl Throughput                                 43.0       2598.1    604.2
File Copy 1024 bufsize 2000 maxblocks          3960.0     263562.4    665.6
File Copy 256 bufsize 500 maxblocks            1655.0      77131.8    466.1
File Copy 4096 bufsize 8000 maxblocks          5800.0     743370.6   1281.7
Pipe Throughput                               12440.0    1728763.0   1389.7
Pipe-based Context Switching                   4000.0     221687.4    554.2
Process Creation                                126.0       5398.4    428.4
Shell Scripts (1 concurrent)                     42.4       5178.2   1221.3
Shell Scripts (8 concurrent)                      6.0        688.3   1147.1
System Call Overhead                          15000.0    2901153.2   1934.1
                                                                   ========
System Benchmarks Index Score                                         933.3

他の方が計測したRaspberry Pi 3B+よりもスコアが一回り程度高いです。
なお、ベンチマーク中はSoCの温度が85℃ぐらいになるので、高負荷のものを長時間動かしたいと言った場合は排熱をしっかりしたほうが良さそうです。

ディスクアクセス

空いてるSSDを使って計測しました。

前者がRock64で計測したもの、後者がメインPCで計測したものです。両方共にUSB-SATA変換を噛ませてます。

やはり、PCに比べたら速度は落ちるものの、USB2.0よりかは圧倒的に速いですね。

 

ネットワーク速度

iperfで実行。相手はうちのマイクラ鯖

[jo3qma@Amane_Svr ~]$ iperf -c 192.168.1.59
------------------------------------------------------------
Client connecting to 192.168.1.59, TCP port 5001
TCP window size: 85.0 KByte (default)
------------------------------------------------------------
[  3] local 192.168.1.110 port 44752 connected with 192.168.1.59 port 5001
[ ID] Interval       Transfer     Bandwidth
[  3]  0.0-10.0 sec   878 MBytes   736 Mbits/sec

普通にGbEな性能でした。ネットワークを気にする必要はなさそうです。

なお、PoEスプリッターを噛ませた場合、ネットワーク速度が100Mbits/secに制限されるようですのでご注意ください。というかなぜそこで妥協したのか。

ケース

 

大きさ自体はRaspberry Pi 3互換です。しかし、前述の通り、電源供給がmicroUSBではなく、バレルジャックです。ですのでその辺をうまいことしないといけません。

自分は上のケースを購入し、ニッパーで干渉する部分を切除してやることで対処しました。

加工が結構適当ですが、問題なく刺さるので良しとします。

 おわり

教育向けのRaspberry Piより実用向けなRock64でした。

また、RAMも多く、GbEもあるためRasPiよりもNASやクラスタリングに向いてるのではとは思います。

なお、これの上位機種であるRockPro64はネイティブでSATAやUSB Type-C(alt DP)、PCIe x4がついてたりします。もはや何に使うのかはわかりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 見てるぞおじさん より:

    ラズベリーパイ無くすな

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。